INFORMATION

【ホライズンのオススメ! №198】執筆書籍のご紹介

こんにちは、弁護士の田島です。
宣伝みたいで恐縮ですが、今回のおすすめは、最近私が執筆者として参加した2つの書籍を紹介させていただきます。

① 1冊目は、「改正民法 不動産売買・賃貸借契約とモデル書式」(日本法令 定価2,860円(本体価格2,600円))です。

4月に施行が迫っている改正民法(債権法)を踏まえて、売買と賃貸にかかわる不動産取引契約書の契約条項にどのような影響があるかどうかについて解説するとともに、「売買」と「賃貸借」に分けて具体的なモデル契約条項例を紹介しています。
弁護士、司法書士などの士業の方だけでなく、不動産取引にかかわる専門家や事業者の方にも、ぜひ力になる一冊だと思います。

② 2冊目は、「どの段階で何をする? 初めてでも大丈夫!業務の流れで理解する 弁護士のための遺言執行業務」(第一法規 3,740円 (本体:3,400円))です。

こちらは、当事務所の八幡弁護士も執筆に参加しております。

 

最近ニュースなどでも取り上げられている相続法改正を踏まえて、遺言作成に関与する場面から実際の遺言執行までの一連手続きの流れに沿って、遺言執行業務に携わるうえで知っておくべき知識を幅広く解説しています。

今では遺言書を書くことは珍しくなくなりましたが、遺言者が亡くなった後の、遺された遺言の内容が実現されなければ意味がありませんので、遺言執行業務は重要な仕事です。
遺言執行の実際の現場では、相続人間のトラブルに巻き込まれたり、理論的にも難しい問題も多かったりして、結構大変な業務です。
これまで、遺言作成から執行までの流れに沿った遺言執行に関する実務的な解説書はあまりありませんでした。幸い、弁護士会館内の書店では売れ行き好調なようです。

弁護士向けですが、弁護士以外の士業の方や一般の方が遺言執行者になる場合もありますので、遺言執行業務に携わる可能性のある方にはぜひお読みいただけると幸いです。


次回のホライズンのオススメ!は2月19日更新予定です。

 

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP