INFORMATION

【ホライズンのオススメ! №113】玄米

みなさんこんにちは!ホライズン美容部の荒井です。
梅雨が近づいてきましたね。。。
体調を崩しやすい時期です。
そんなみなさんに、これを食べてパワーチャージしていただきたい☆

「玄米」
 

です!
玄米は、ぬかの部分を残しており、酵素をはじめとする栄養素がたんまり含まれていますので、栄養素がばっちり取れます。また低GIなので、血糖値コントロールにも適していますし、便秘にもなりません。

この玄米ブーム、かなり以前からあると思いますが、
やっぱり白米じゃないと・・臭いし、的なリアクションで
露骨に嫌な顔をなさる方もしばしばいらっしゃいますよね。
確かに玄米は、消化も良くはないですし、若干特有の匂いはあります。

しかし!以下の3つにトライすれば、美味しい玄米を食べて、栄養も取れるはず!

1 お米を丁寧に炊く

意外とザツにお米を炊いていませんか?
きちんとお米を研ぎ、水分量に気を付けるなど下準備をしっかり済ませて炊飯すれば、炊き上がりや味も違います。
ひと手間を惜しまず、ですね。

2 玄米の種類にこだわる

通常の玄米よりも殻が薄いという、「長兵衛米玄米」。

もはやもち米か!?的なもちもちの炊き上がりで、ボソボソした玄米概念を覆す一品です。
通販などで購入できるようですので、ぜひお試しあれ。

3 寝かせ玄米を作る

普通に炊いた玄米を、3日間ジャーで保温するだけでできてしまう、「寝かせ玄米」。ご存じでしょうか。
玄米とは思えないもっちもちのご飯に変化します。
3日間玄米を保温することで、ぬか部分に含まれている酵素(主にアミノ酸の一種:GABA)が増加し、中性脂肪を減少させたり、体内の代謝を高めてくれたり、血圧をコントロールしてくれたりするんだそうです。
しかも、酵素が分解されてタンパク質を分解し、先ほどのもちもち感UPやうまももUPするのだそうです。

寝かせ玄米の主流は、小豆や塩を少々混ぜて炊きますが、
小豆なしでも、代わりに黒米や雑穀などを混ぜても良いみたいです。先日は黒米で炊きましたが、美味しかったです。
 

この寝かせ玄米、一食だけ食べても良いですが、これだけを数日間食べるダイエットもあります(いわゆる、7号食ダイエットですね。このあたりの詳細はまたの機会に!)。
空腹感もないので、手軽にできますよ♪

ストレスマックスな日々と戦っておりますが、
玄米食べて、開き直っていきましょう♪
以上、ホライズン美容部からでした!


次回のホライズンのオススメ!は6月6日(水)更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP