INFORMATION

【ホライズンのオススメ! №181】オススメカップ麺「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」

こんにちは。田島です。
前回に続き、最近おすすめのインスタントヌードルをご紹介させていただきます。
(前回のオススメはこちら→ http://www.horizon-law.jp/news/cup-ramen-nakamoto/

今回は、セブンイレブン限定の「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」です(商品名長いですね)。

日本一行列のできる立ち食い蕎麦屋「港屋」の元店主が監修したラー油カップ蕎麦が販売されました。
「港屋」は、弊事務所から徒歩1~2分ほどの距離にあり、私も何度も通わせていただいてきましたが、昨年2月に何の前触れもなく、突然閉店してしまい、おそらく、何万人ものファンが「港屋ロス」に陥っていたことでしょう。

っということで、早速、実食レポします。

パッケージから素敵ですね。
島耕作シリーズの作者である弘兼憲史さんが、このために特別に描きおろした原画を使用しているとのことです。豪華ですね。
  

港屋といえば、蕎麦×辣油です。

カップ麺のフタ裏にはお得な情報が!!アプリからマンガが読めるようです。

お待ちかねの実食。まずは、辣油なしで。
結構甘めのつゆで、怒られるかもしれませんが、味は「赤いきつね」に似ています。麺も、「港屋」の特徴である荒々しいコシはありません。カップ麺なので仕方ないですよね。
普通に蕎麦としては美味しいですが、少し物足りません。

おまちかねの辣油投入。

辣油を入れると、一気に味が変わります!!

胡椒や山椒や花椒が聞いていますがそんなに辛くはありませんので、辛いものが苦手な方も大丈夫です。
ここは「港屋」を真似てきた感じがします。

個人的には、「港屋」の「鶏そば」とは、結構違うかな~とは思いましたが、ところどころ、「港屋」らしさが再現されているので、「港屋ロス」の方はぜひ一度ご賞味ください。


次回のホライズンのオススメ!は10月16日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP