INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.080

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は9月17日から9月23日までのニュースです。


【1】電通に罰金50万円求刑 違法残業初公判、社長が出廷
http://www.asahi.com/articles/ASK9M6J8ZK9MUTIL06C.html

略式命令での判決が不当と裁判所が判断して正式裁判になった異例のケースで社長が出廷。事実関係に争いがあるわけでもなく、結果が変わるわけでもない中での正式裁判だが、法廷で誓約したという事実はやはり重みがあるようには思う。

【2】無理な発注・時間外の会議「控えます」 経団連など宣言
http://www.asahi.com/articles/ASK9M51N9K9MULFA01S.html

長時間労働を減らしていくためには自社の取り組みだけではやはり限界があるのでこういう動きはどうしても必要になってくるだろう。
社内的にも上司の部下への仕事の振り方などをうまく調整することは重要。

【3】女性勤務医4人に1人「過労死ライン」超 残業月100時間以上13%
http://www.sankei.com/life/news/170920/lif1709200054-n1.html

医師の長時間労働は深刻な問題で、当然ながら女性勤務医だけの問題ではない。
残業代の最高裁判決も出たところでいろいろ対応が必要になっている。

【4】成年後見人、職務怠り賠償命令 欠ける質、解任255件
http://www.asahi.com/articles/ASK9N3FZSK9NULBJ003.html

後見人を巡っては弁護士や司法書士などの専門職が後見人になっているケースでも、親族などが後見人になっているケースでも、横領などのトラブルが後を絶たない。裁判所の監督も限界があるので、最近では専門職が後見人になっているケースでも後見監督人をつけるようなケースも出てきている。ただ、その分本人の資産が減ることにもつながってしまうので、実にシビアな問題。

【5】楽天ポイント不正取得の中国籍の女、未成年と判断 佐賀地裁が公訴棄却
http://www.sankei.com/west/news/170921/wst1709210076-n1.html

外国人の場合はたまに年齢がわからず実は未成年だったと言うこともわりとあったりする。少年法の関係でたまに問題となるケース。


次回の LEGAL NEWS TOPICS は10月2日(月)更新予定です。

カテゴリー

PAGE TOP