INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.095

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は1月14日~1月20日までのニュースです。


【1】 違法長時間労働 引っ越し「アート」と元支店長を書類送検
https://mainichi.jp/articles/20180120/k00/00m/040/063000c
北里大病院、長時間労働常態化か 労基法違反で是正勧告
https://www.asahi.com/articles/ASL1J73VML1JULFA02J.html

毎週のようにでてくる大手企業の長時間労働問題。今回はアートと北里大学病院が報道されていた。サービスへの要求も高い業種であり、どう対応していくべきかを真剣に考えていく必要がある。

【2】キングジム、商標権侵害でエレコムら提訴 「テプラ PRO」に似たロゴ無断使用
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1801/19/news105.html

テプラPROに互換するカートリッジに類似商標を用いたことに対する提訴。商標を巡る争いもシビアになっていている。今回のがどう判断されていくかはなかなか興味深い。

【3】市立秋田商 志望の中3生徒の母にキス 男性教諭懲戒免職
https://mainichi.jp/articles/20180120/k00/00m/040/082000c

志望公侯の先生が受験生の母親にキスしたというのはやはりアウトだろう。地位の濫用という側面も大きくなかなか厳しい。

【4】情報公開 官房機密費文書、一部開示認める 最高裁初判断
https://mainichi.jp/articles/20180119/k00/00e/040/293000c

官房機密費の一部開示を最高裁判所が命じた。ただ、機密費というだけにかなりシビアな内容が含まれている可能性もあり、それは司法審査よりも国会で法律の枠組みを作って開示するか否かの該当性を考える方が適切なようには思われる。

【5】民法改正案 相続で配偶者に居住権 高齢社会に対応
https://mainichi.jp/articles/20180117/k00/00m/040/093000c

相続に関する法改正の動きが具体化してきている。今後どうなっていくかは慎重に見守る必要があるだろう。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは1月29日(月)更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP