INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.106

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は4月1日~4月7日までのニュースです。


【1】経営リスク、労働問題を企業重視 東京海上の調査で初の1位、訴訟備え保険も
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180405/bsg1804050500003-n1.htm

今企業が抱えているリスクとしてはやはり労使紛争が圧倒的にトップだろう。きちんと対応していかないととんでもないトラブルに巻き込まれることがあるし、残業代請求で倒産などのとんでもない事態もある。

【2】JR東労組の脱退者1万4千人 深沢祐二社長「過半数割ったのでは」
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180403/bsd1804031928013-n1.htm

ストライキを含めた交渉を進めたことが組合員の離反を招いた、ということだろうか?労使対立路線は理解を得られにくいことが多くやはりしっかりとした協議が重要だろう。

【3】長時間労働に罰則付き規制=「残業代ゼロ」、国会で議論-働き方法案を閣議決定
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040600134&g=eco

いよいよ国会での議論になっていくがまだまだ余談は許さない。裁量労働の拡大が見送られた中でどうなっていくか注目される。

【4】「大きな疑念抱かせおわび」=東京労働局長が陳謝-衆院厚労委
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040600572&g=soc

これだけ長時間労働が社会問題として見られている中で、労働局長という立場で絶対に言ってはならない失言だろう。権力を持った人はやはり李下に冠を正さずという気持ちが絶対に必要。

【5】入社式に親同伴、背景に企業戦略 新卒獲得へ影響力配慮
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20180406000204

入社式にを同伴させたり商品を渡したりと非常に涙ぐましい努力。定着のためという目的があるようだが、それだけ子どもの自律心が失われて来ている事でもあり非常に厄介だと思う。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは4月17日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP