INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.110

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は5月6日~5月12日までのニュースです。


【1】財務省でセクハラ防止研修=局長ら幹部が参加
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050900188&g=pol

マスコミに対するセクハラで大バッシングを浴びたことから再発防止のための対策と言うことだろう。
いまだに感覚がずれている人は多いのでこういう機会をしっかり設けることは重要。

【2】セクハラで職員停職=環境省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051101250&g=soc

身体を触って肉体関係を迫ったとなるとやはり悪質な事例と言えるだろう。懲戒処分としても相当なものと考えられる。

【3】アーチェリーコーチ、高校生にセクハラ 「くず」暴言も
https://www.asahi.com/articles/ASL5C7H1WL5CUTQP063.html

こちらは指導中に高校生の身体を触ったというセクハラ行為。実際のところ指導なのか否かの区別がやっかいなケースも多いが、被害者が不快感を感じる態様だとするとやはりセクハラと言わざるを得ないだろう。

【4】地裁から民事記録盗む=容疑で原告の男逮捕-神奈川県警
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050901528&g=soc

裁判の記録を盗み出して改ざんというなかなか珍しい事件が発生した模様。今裁判記録の電子化なども話題になっているが、このあたりの問題にどう対応するかは重要だろう。

【5】被告宅を7カ月半撮影は違法 放火など一部無罪に 埼玉
https://www.asahi.com/articles/ASL5B5JFDL5BUTNB00K.html

捜査のためとはいえ7か月半ずっと録画し続けるというのはやはり任意の捜査としてはやり過ぎということだろう。ただ捜査の必要性もあるようには思うので、今後の対応が興味深いところ。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは5月22日更新予定です。

カテゴリー

PAGE TOP