INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.120

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は7月15日~7月21日までのニュースです。


【1】年休指定日に従業員が働いたら…厚労省「企業に罰則」
https://www.asahi.com/articles/ASL7L466ZL7LULFA00M.html

一連の働き方改革関連法で定められた新しいルールについて、実際の運用方針が少しずつ固まってきている。年休指定との関連では、計画年休などの導入が増えてくると思われるが、実際の制度設計を慎重に行っていく必要がある。

【2】出社なしで辞められる「退職代行」話題に
https://www.j-cast.com/2018/07/21334344.html?p=all

退職通知を代行してくれるサービスが人気?との報道。会社と交渉はしないので弁護士法違反ではないとのことらしい。

【3】ディズニーランドでパワハラか 着ぐるみの2社員が提訴
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000012-asahi-soci

夢の国でも労災とパワハラという話。着ぐるみを着て仕事となれば身体がおかしくなる人も出てくるだろうし、顧客サービスなどで要求水準が高ければパワハラ的なことも増える可能性は十分あると言うこと。

【4】体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
https://mainichi.jp/articles/20180721/k00/00m/040/017000c

部活の指導であっても適正さを欠けば当然体罰という評価になってくることはあり得る。暑さ対策などは十分に配慮しないと。

【5】「TEA COFFEEは商標権侵害」と提訴
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180720-OYT1T50016.html

なかなか興味深い商標侵害の訴訟。先に始めて商標まで登録しているのに小さい企業が大企業のまねをしていると言われるのは困るというのもわかるのでどういう判断になっていくかは興味深い。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは7月31日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP