INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.135

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は11月4日~11月10日までのニュースです。


【1】日立、99人を解雇した上で補償 技能実習生と最終合意
https://www.asahi.com/articles/ASLC854RXLC8OIPE016.html

技能実習生の実習が要件を満たさないと言うことで在留資格等にまで影響が出てしまったという問題。こんなことをやっていて改正入管法の議論などどうなってしまうのだろう

【2】技能実習生への残業代命令、茨城
https://this.kiji.is/433530277361697889

こちらも技能実習生に対する残業代の支払いが命じられたという判決。就労環境の改善が求められるところ。

【3】日立子会社でパワハラ労災 残業161時間、いす蹴られ
https://www.asahi.com/articles/ASLC65DS8LC6ULFA01R.html

161時間の残業に加えて暴言、暴力などが認定されるとなると労災認定も当然だろう。安全配慮義務違反という形で会社に責任が生じることも予想されるので会社としてもきちんと対策を講じる必要がある。

【4】いなげや、障害者従業員と和解=職場環境「不十分だった」-東京高裁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110600756&g=soc

障害のある従業員へのパワハラという非常にセンシティブな問題。職場環境への配慮ということだとやはり他の従業員への啓蒙活動なども必要になってくる。

【5】政府 法科大学院定員を管理 負担軽減、5年コース新設へ
https://mainichi.jp/articles/20181110/k00/00m/040/210000c

制度をちょこちょこっといじるくらいでどうにかなる状況ではないと言うことをいい加減認識した方が良いのでは?予備試験受験者ばかり増えて結局昔の司法試験となにも変わらないことになりかねない。誰も得をしない状況になっている。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは11月19日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP