INFORMATION

【ホライズンのオススメ! №145】ひゃくはち

はじめまして、1月より入所いたしました田代悠介です。

小さい頃から高校生の頃までずっと野球をしていました。
そんな私がオススメするのは、映画「ひゃくはち」(2008)です。
http://www.phantom-film.jp/library/site/108-movie/intro.html

これは甲子園の常連校の野球部に所属する補欠の選手2人が主人公の野球映画です。

この映画は、選手が最終的に甲子園で大活躍する…といった定番なストーリーとは一線を画します。
徹底的に補欠選手の目線から高校野球を描きます。
親友でもあるこの2人の目標は2人で一緒に甲子園のベンチに入ること。
その目標のために練習に励みます。
ところが最後の夏、この2人は残りの1枠を争うことになってしまう…というストーリーです。

理不尽な指導者、レギュラー選手への嫉妬など
高校時代控え選手であった私にとって、共感できるシーンが多数あります。

私は成人になって以降10回ほど泣いたことがあるのですが、そのうち1回は司法試験に合格した時で、その他は全て本作を観た時です。

ちなみに原作は小説なのですが、小説と映画ではストーリーが異なります。
映画版のほうが圧倒的にオススメです。

レンタルビデオ店にも置いてあるので、
よかったら皆さんもご覧ください。


次回のホライズンのオススメは1月31日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP