INFORMATION

【ホライズンのオススメ! №171】人間椅子

坂東です。

「人間椅子」、ご存知でしょうか?
1990年まで約10年間放送されていたTBS深夜の「イカ天」(三宅裕司のいかすバンド天国)からデビューしたバンドです。
Wikipediaの解説がわかりやすいので、引用させてもらいます。
「人間椅子(にんげんいす)は、日本の3ピースロックバンド。1987年、青森県弘前市出身の和嶋慎治と鈴木研一によって結成された。ブラック・サバスを彷彿とさせる70年代風ブリティッシュ・ハードロックのサウンドに、日本語・津軽弁での歌唱、怪奇をテーマとした世界観の歌詞をのせた、独特の音楽性を特徴とする。」

ということで、先日バンド結成30年を迎え、30周年記念アルバム「新青年」をリリースしています。
公式ホームページは、こちら(http://ningen-isu.com/)

曲はいまだにブリティッシュ・ハードロックって感じで、歌詞はおもいっきり日本語。

ぜひ、「新青年」所収の「無常のスキャット」のPVを見てください。

一見、色物的な感じですが(イカ天の頃は、ベースの鈴木氏がねずみ小僧の格好をしていました)、すごい演奏をしてくれます。
Youtubeにあげられている人間椅子の動画は、海外と思われる方からの高評価コメントが多いのが特徴ですね。

5年位前に出た「現世は夢」所収の「なまはげ」も、良いです。

思いっきりロックのサウンドで、「な・ま・け・ものは、いねがあー!」という思いっきり青森風味の歌詞が。
格好いい。

30年も生き残ってきたバンドだけに、いい曲がたくさんあって紹介しきれません。
以前にご紹介したAC/DCみたいに、いい意味でスタイルを崩していないところが、すごいよなぁ、と思います。


次回のホライズンのオススメ!は7月31日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP