INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.132

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は10月14日~10月20日までのニュースです。


【1】最高裁 相続分無償譲渡は「贈与」 遺留分請求認める
https://mainichi.jp/articles/20181020/k00/00m/040/109000c

相続分の譲渡について最高裁が判断を示したという報道。相続の分野でもかなり議論が深まっている印象。今後の実務には影響が大きい。

【2】派遣の4割、正社員希望 厚労省調査
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36597620X11C18A0EE8000/

非正規雇用の中でも相当数が正社員を希望しているという報道。ただ、逆に言えば6割は希望していないと言うことでもある。そのあたりをどう捉えていくかが問題。

【3】児童相談所と警察、連携強化=8府県が全件共有-虐待事案に早期対応
https://medical.jiji.com/news/17903

重大事件が発生して警察との連携を強化しようという動きが強まっている。ただ、警察との連携によって児童相談所への相談がしにくくなるのでは?といった懸念もありなかなか難しい問題。

【4】祖母「死ぬ前にトイレへ」、応じた少年 恨みなかった?
https://www.asahi.com/articles/ASLBN6FDWLBNUTIL018.html

少年による事件。背景にいろいろありそうには思うが、どうなっていくのだろうか?

【5】うその供述させた疑い、弁護士を逮捕 横浜地検
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36523670W8A011C1CC1000/

うその供述をさせたとのことで弁護士が逮捕されたというなかなか深刻な事案。弁護士は嘘をつかせてうまく罪を逃れさせるのが仕事だと思っている人も一定数おり、そういう人は非常にやっかい。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは10月29日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP