INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.133

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は10月21日~10月27日までのニュースです。


【1】有休取得率、17年は51.1%=20年ぶり水準も、目標遠く
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102300816&g=eco

働き方改革法の関係で取得させる義務が企業に生じるので今後の取得状況は改善することが見込まれる。いずれにしても企業としてはしっかり対応しないといけないところ。

【2】富士通が5千人配置転換、合わなければ転職提案
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181026-OYT1T50122.html

事業構造が変化して人員の配置が今までのようにはいかない一方で雇用を維持しなければならない(解雇が簡単にはできない)ことからこのような措置になってしまうのだろうが、実際にはトラブルになりそう。

【3】いじめ認知41万件に=最多更新、小学低学年で急増-17年度問題行動調査・文科省
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102500980&g=soc

件数が増えたというよりも今まで隠れていたものが認知されるようになった結果のように思われる。学校側も対応が大変なのはわかるがなんとか頑張ってもらいたい。

【4】グーグル セクハラ行為2年間で48人解雇
https://www.sankei.com/world/news/181026/wor1810260029-n1.html

セクハラだけが原因で2年で48人退職というなかなか衝撃的な報道。日本ではなかなかあり得ないレベルの人数感。

【5】「バランスボール使わされ子宮破裂」大阪の産科医を提訴
https://www.asahi.com/articles/ASLBQ5FP5LBQPTIL010.html

医師の指導が適切だったかどうかということになるが、不適切であったことの立証はなかなか難しいようにも思う。医学的に立証しきるのは大変だと思うが、納得いかない気持ちもわかるので非常に難しい問題。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは11月5日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP