INFORMATION

LEGAL NEWS TOPICS vol.140

法律や訴訟に関連した最近のニュースから気になるものをセレクトして弁護士の視点でコメントしています。
今回は12月9日~12月15日までのニュースです。


【1】勤務間休息は「8~12時間」に 厚労省検討委が報告書
https://www.asahi.com/articles/ASLD4417CLD4ULFA00N.html

インターバル勤務のルールについて議論が進められている。ただ、実際に夜中まで残業があった場合に12時間のインターバルを取ることが必須となると業務に影響がでることも予想されるところで、なかなか難しい問題。常にインターバルだとなかなかハードルが高い。

【2】国体で過労死ライン超え残業70人 福井県職員、最長は258時間
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/760184

国体の運営が原因で長時間労働になってしまったという報道。イベントがある場合に長時間化することはあり得るとことろではあるが、最長258時間というのはさすがに多い。

【3】ASKAさん未発表曲放送、TV局に賠償命令 東京地裁
https://www.asahi.com/articles/ASLDC5R1PLDCUTIL04B.html

楽曲の放送に同意があったという形で争われたのではないとすると賠償責任は生じてしまうのではないだろうか?あとは損害額等が妥当かはなかなか興味深い。

【4】下請法違反でサンリオに勧告 業者に不当返品
https://www.asahi.com/articles/ASLDD5HSYLDDUTIL03R.html

不当返品と言うことで下請法違反で勧告が出されたという報道。実際に大手でもこのようなトラブルは一定数あるが、コンプライアンス上はやはり問題。

【5】殺人告白「執行延ばし」、確定死刑囚に無罪判決
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181213-OYT1T50074.html

死刑の執行を避けたいから虚偽の殺人を自白した、ということの筋書きのようだが、捜査がどうだったのかはなかなか興味深いところ。


次回のLEGAL NEWS TOPICSは12月25日更新予定です。

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP